お問い合わせ
現有設備にプラスするだけで
「低コスト・高精度・一元管理」を実現
時代の要請に応える監視システム「見守りす」
太陽光発電システムは、構成される太陽電池モジュールやパワーコンディショナ等の長期保証などにより「メンテナンスフリー」と言われてきました。しかし・・・
実際には自然環境など外的要因による様々な障害が発生しており、運用年数が経過すると共に、発電性能が低下する事例が見られます。そのため、機会損失が発生し、太陽光発電事業者様の収益に影響を与える可能性があります。太陽光発電事業者様にとって早期の障害検知が事業収益性/投資回収など事業計画の達成に向けた重要な要素の一つと言えます。
「見守りす」は、太陽光発電事業を行う事業者様の運用を支える太陽光発電監視システムです。
FIT改正法について
2017年4月1日より再生可能エネルギー固定買取価格制度(FIT)が新しくなりました。 経済産業省・資源エネルギー庁により施工されたFIT改正法は、2012年7月の制度実施以来様々な課題が生じた為、制度の見直しが目的になります。
旧FIT法は、再エネの導入拡大を急ぎ過ぎ、未稼働の太陽光発電案件が大量に存在していることや買い取り費用の増大が国民の負担する再エネ賦課金増加など問題視されていました。
今回のFIT改正法の施工は太陽光発電に偏った中身を改めるとともに、国民負担の抑制と再エネ導入促進の両立を図り、さらに電力自由化の成果を活かした効率的な電力取引・流通を実現するのが大きな目的になります。
【5つの変更点】
■「事業計画」の登録(認定制度の変更)
■メンテナンス(O&M)義務化
■運転開始期限の導入とパネル変更が可能に
■旧認定取得者の扱い(みなし認定)
■2017年度以降の売電単価の決まり方
【5つの変更点】
■「事業計画」の登録(認定制度の変更)
■メンテナンス(O&M)義務化
■運転開始期限の導入とパネル変更が可能に
■旧認定取得者の扱い(みなし認定)
■2017年度以降の売電単価の決まり方
太陽光発電事業の様々なリスク
発電状況や設備の不具合の把握にお困りではありませんか?
「どれくらい発電しているのだろう?」「実際どれ位儲かっているのか心配・・・。」
通常、発電量や売電金額は、1ヶ月毎の明細でしか確認できません。日毎の発電量や時間帯毎の発電量は当然確認できません。また、遠隔地にある太陽光発電設備の場合、明細が手元に来るまで売電金額を知ることができません。収入や資金繰りの不安が常に付きまといます。
また、産業用太陽光発電は、1日単位で発電が停止したら損失も大きくなります。トラブルを逸早く感知し、発電ロスを最小限に抑えるしくみが必要です。
さらに産業用太陽光発電は、空き地や遊休地に設置されることも多くトラブルに気付きにくいものです。実際、「竜巻で飛んできたシートがパネルを覆ってしまった。」「雷(誘導電)の影響でパワコンが故障した。」「小動物が集電箱に入り込んでショートした。」「メンテナンス後にブレーカーを上げ忘れていた。」など、様々なトラブルの実例があります。50kwの太陽光発電設備の場合、晴れた日に発電が停止したら、1日あたり1万円程度の損失になります!
見守りすは、改正FIT制度対応に最適な監視システム
通信費込み10年安心パックで38万円でリーズナブルな価格でご提供可能です。
※施工費・消費税別
見守りすはデータ通信をするために無線データ通信を利用します。
安心パックでは10年間分の通信費用を含んでのご提供価格となります
川電機、新電元、オムロン、GSユアサ、田淵電機、田淵電機(リモコン)、山洋電機、Panasonic、デルタ電子、他全て対応してます。
既存の設備の種類に限らず、追加してお利用いただくことができます。
パワーコンディショナ単位で計測された発電実績から、独自の分析によって発電停止や性能低下などの異常を検知し、速やかに電子メールにてお知らせ。
これらの異常を早期に発見することにより、機会損失を防止します。
複数の発電所を1つのマップ上で確認できる。
グルーピング機能、稼働時間情報、トレンドグラフ機能、お客様毎、地域毎にグルーピングして管理する事も可能。