お問い合わせ
現有設備にプラスするだけで
「低コスト・高精度・一元管理」を実現
計測監視装置の商品構成
パワーコンディショナー(パワコン)の設備環境にあわせ「CTクランプ」と「RS-485接続」の二種類の計測方式を提供
【RS-485】
【CTクランプ方式】
  CTクランプ方式 RS-485方式
接続可能なPCS台数 最大4台(※次期モデルより最大5台) 最大9台
計測可能な容量 PCS1代あたり、最大10kW PCS1代あたり、最大10kW
計測方法 CTセンサー経由
※PCS台数分のセンサーが必要
RS-485ケーブル経由
※PCS直接接続&チェーン方式
電力方式 単相三線 単相三線/三相三線
(PCS機種に依存)
計測情報 交流電流値、交流電圧値 直流電流値、直流電圧値
交流電流値、交流電圧値
PCSエラーステータス
対応PCSメーカー マルチメーカーに対応 計測可能なPCSメーカーに依存
(オムロン/安川電機/他)
電源供給 PCS主要ブレーカーより直接給電
(系統側より給電)
ブレーカー&コンセント経由
(系統側より給電)
施工面 CTセンサーを分電盤内部に取付ける為、PCSが各アレイに分散している場合のRS-485接続と比べ、費用的に安く設置可能 RS-485ケーブルによるチェーン接続方式のため、容易に設置可能
「CTクランプ」と「RS-485」の接続イメージは以下の通りです。
料金について
弊社では下記の通り10年安心パックをご用意しております。
下記10年安心パック以外の購入方法をご希望の場合には、柔軟に対応可能でございますので、ご相談ください。
機器代金と通信費10年間分込み38万円のリーズナブル&明瞭価格
「見守りす」は50kwクラスの発電所の場合1日たった「118円」で導入が可能です。
わずかなご負担で発電停止による損失をしっかい最小限に抑えることが可能となります。
導入時のコストシミュレーションの一例
■収入:発電設備/50kW 買取価格/24円/kw
年間発電量/ 54,000kWh
売電金額/年 54,000kWh × 24円 = 1,296,000円
売電金額/月 1,296,000円 ÷ 12ヶ月 = 108,000円
売電金額/日 108,000円 ÷ 30日 = 3,600円
■支出:機器費/380,000円(サービス費10年分を含む)+ 施工費/50,000円の場合
¥430,000 ÷ 10年間 ÷ 365日=¥118